旅行あれこれ 食あれこれ

京都日帰り旅行③ ~京都 和久傳~

更新日:

京都 料亭「和久傳」

京都と言えば、料亭。しかし、敷居が高すぎる。。
今回訪問した、京都和久傳はJR京都駅の上のレストラン街に入っていて、
気軽に料亭の味をカウンター、テーブル席で楽しめちゃう!

和久傳と言えば、西湖。
れんこんのでんぷんである蓮粉と高級砂糖の和三盆糖から作られた、
のどごし最高の生菓子がたまーに食べたくなる。

ではでは、
席の準備が整うまで、風情あるところで待ちまして。

見晴らしの良いカウンター席へ。

一番端の席だったので、店内を一望することができた。

1人でも気楽に入れるし、数名でのおしゃべりランチも楽しめそう♪

こちらがメニュー。
ザ・日本を感じるメニューに興奮!(こういうの好き)

コースでなく、御献立ね♪
6種類から選択。支子は売り切れ。
¥2,700とはお得だもんね。

蘇芳と紅花のどちらかにしようと思っていて、
鱧すしが食べたかったので、蘇芳に決定!

達筆過ぎ、感じ難しすぎで読めない箇所多々あり(笑)

おまかせ食べてみたいよね~

最初に、竹に入った和久傳酒を竹のグラスでいただきます♪
そして、骨切りに技術を要する鱧さんのお寿司♪
食感がいいね~

鱧を近くで撮ってみた。
どうだろう、伝わるだろうか、この小骨感(笑)

そして、水出し玉露。
口直しか。お茶は何にでも合うので好きだ。
上品すぎる量でしょ~

琵琶湖の若鮎、たて酢♪
かわいいな~この鮎2匹。

鮎焼き大好きなの
。よく観光地で串にささって、売ってるでしょ。
あれ必ず食べる。

アジの酢味噌和え。
ミョウガは得意じゃないが、おいしく食せた。
気持ちの問題か!?

炊き合わせ。
お魚はスズキ、下には焼き万願寺さん。
これ大好きなの。
京都のお野菜、万願寺♪

お食事は、ここ和久傳の看板メニューの鯛の黒寿司。
和食だね~やっぱり赤出汁とごはん、魚だね~

最後に、ふ焼き。
サクサクの生地に挟まれた、白餡と山椒。
どこまでも京都だね~そして、京番茶♪
あ~山椒が口の中を爽やかにしてくれるぅ~

 

京都 和久傳 交通アクセス

〒600-8555
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
ジェイアール京都伊勢丹 11F
電話:075-365-1000

〈電車のご利用〉
・JR京都駅下車、徒歩1分/近鉄、地下鉄 京都駅、隣接

ジェイアール京都伊勢丹 B1Fの<老舗の味コーナー>に店舗があり、
「おもたせ」が購入できる。西湖もある! 
TEL / FAX.075-352-0345
お弁当は地下二階老舗弁当売り場で購入できる。

④へつづく

 

-旅行あれこれ, 食あれこれ

Copyright© やってごらん , 2020 All Rights Reserved.