飛行機あれこれ

成田空港への行き方(スカイライナー、日暮里から最速36分) 乗車体験記

投稿日:

成田空港への行き方について、今回は、日暮里から、京成スカイライナー(SKYLINER)に乗ってみたよ。

「最速」の体験記。やっぱり、空港行く前はハイテンション。とにかく、ウリは最速36分の速さ。日暮里へのアクセスが楽な人にとっては、一択だよね。(京成電鉄には、下記3つのルートあり、スカイライナーが最速)

Copyright © Keisei Electric Railway Co.,Ltd.

基本情報(2470円 全席指定 40分に1本)

京成電鉄のホームページ:京成電鉄 スカイライナー 成田空港アクセス (スカイライナー以外のルートの路線図、停車駅、時刻表、運賃もあるよ。)

成田空港のホームページ:成田空港

スカイライナーは、上野、日暮里から、空港第2ビル、成田空港しかとまらない。全席指定。

料金:2,470円 乗車券利用時(1,240円(乗車券)+1,230円(ライナー券))  交通系ICカード利用時には、2,465円(5円お得)

スカイライナー時刻表:スカイライナー時刻表 日中は、40分に一本の間隔。スカイライナー時刻表(PC)  

Copyright © Keisei Electric Railway Co.,Ltd.

スカイライナー乗車体験記(日暮里)

日暮里で、山手線下りたら、ダッシュで京成線乗り換え口へ、スカイライナーチケット販売機で、購入ギリギリ乗れるかあーという時間だったので。JR線から、京成電鉄への乗り換えとなる。乗り換え専用口を通る。

チケット販売機だー。急げー。前調べ、ゼロ。 

 

と思ったら、すでに満席。そりゃそうだわな。お盆時期だし。次回のスカイライナーのチケットを、販売機にてゲット。PASMO、Suicaなど交通系カードで買えるよ。モバイルSuicaでは買えません。と表示がある。日中は、40分に一本で出ているので、次に乗れることだけでも感謝。

後で、わかることになるのだが、ここでは、スカイライナーのライナー券(1230円)を買っただけ。だって、ICカードで乗り換え口通ったから。この時は、そんなこと、理解していない。ちゃんと、スカイライナー券(LINER TICKET)と表示がある。

私がチケット買った直後に来られた、おばさまが、「えー、チケットないのー。 どうしよう、飛行機間に合わない。」と、騒いでおりました。 ギリギリで、チケット買えるかどうかはわからない。 だから、インターネットで事前に買っておくのもいいかも。それが普通なのかな? でも、その時間に乗らないといけないのと、ネットで買うのも面倒だったので、今回に至る。 時間には余裕があったので、問題無しかな。最悪、スカイライナー使わなくても、良かったし。

スカイライナーの乗り込み口に行く前のエリアの紹介するね。

待ち時間に、ATMで現金おろすもよし、証明写真を撮るもよし。こんなところに証明写真機が。

トイレに行くもよし。 ホームにもトイレがあったし、スカイライナーの中にもあるから、問題ないけどね。

お茶するもよし。イタリアントマト Cafe Jr.

いよいよ、スカイライナー専用乗り場から、入る。

入って、すぐ左がエスカレーター。

上がると、こじんまりしたプラットフォーム。トイレもあるよ。

お盆時期だったからか、人がいっぱい。

手前側が、スカイライナーの線路。奥側が他の車線。こっち側が、スカイライナーさ。ムフフ。ちょっと優越感に浸るもよし。

しかし、暑い。

暑いのやだし、どうしよう? 

実は、駅員さんに、電車くるの何分前ですか?って、聞いてました。

ここで、クイズ、何分前に、くると思いますか?(答えは後で)

猛暑の中、プラットフォームで待つのは苦しい。と思いきや

あった、待合室(waiting room)でも、人でみっしり。

しばし、待つ。キター

私のスカイライナーちゃん。かっこいいー。

スカイライナーが、発車時刻の何分前にくるか?

答えは、 2、3分前です。始発じゃないもんね。上野からくるから。 

とはいえギリギリすぎじゃない? 嫌な予感が。

混みすぎて、発車時刻に発車しない

きたはいいが、この行列。スカイライナーに乗る人は、飛行機に乗る人、ということは、、、

皆乗り込もうとするが、座席指定なので、慌てる必要ないんだけど。

発車時間すぎても、電車が発車できない。だって、みんなすごい荷物で、 特に、訪日外国人でいっぱい。中国の方が多かった印象。 すごいスーツケース。スカイライナーちゃんに、乗る時は、皆が慌てているので気を付けてくださいませ。

凄いスーツケース、今日は、多い日だったのだろうか。 

まずくない?? は、は、発車時刻すぎてる、、、でも、そこはご安心、、「とにかく、中に入ってください。」と駅員さんに言われ皆入る。恐らく、駅員さんは、慣れてるんだろう。とにかく乗ってください。と言われる。

ふう、やっと乗れた。

乗車口横に、スーツケース専用置き場が、、あふれんばかりのスーツケース達。

シートは、こんな感じ。いいでしょ。

ふう、やっと座席に。至福のとき。

電車の車内は、快適そのもの。

見てみて、この席と席との間隔。

スーツケースを横にすれば、スーツケースはいったまま、自分が座席に座れる。さすが、考えてるー。

スーツケースなければ、この開放感。

足伸ばしまくり。

空調よし、ライティングよし。

車内のご案内も、ごらんあそばせ。

快適な乗り心地を堪能する間もなく、成田空港へ到着

と、そうこうしてるうちに、眠気が襲ってくる前に、もう着いた。成田空港

乗ってから、落ち着いてきたなあと思ったら、はい到着です。最速36分は伊達じゃなかった。

降りる場所間違えないでね。

空港第2ビル駅は、第2、第3ターミナル。

成田空港駅は、第1ターミナル。

 

それと、1ポイントレッスン。降りるときも、スーツケースでごったがえすので注意。でも乗る時よりはまし。注意点としては、飛行機の時間に間に合わないと思う人は、早めに席を立って、出口前で待っていよう。じゃないと、皆が席たち始めると、すぐには出られないかも。出口付近の席のチケットを取っておく必要あるかもね。

あと、最後、スカイライナーの改札をでるときに注意。

チケットの券売機で買ったから、その券だけでいいかとおもったら、降りるときチケットだけ入れて出ようと思ったら、出れなかったよ。それもそのはず、チケット販売機で買ったのは、ライナー券(1230円)だけ、で スカイライナーの入り口に入るときに、PASMOSuicaなど交通系カードで通った場合、それもタッチして出ないとだめ。。よく考えればわかるんだけど。 2重で支払いしてないよね?と思って駅員さんに確認までしてしまった。

そんな間違いが多いためか、駅員さんが、立って出てくるとこをみててくれるよ。

スカイライナーのイメージつかめた? 乗り心地を堪能する間もなく着いてしまうところ以外は、グッドでした。荷物が特に多い人などは、別の交通手段(車、リムジンバスなど)や、事前に荷物を成田空港に送っておくなど考えた方がいいかも。

あなたも一度は、スカイライナーに乗ってごらん。

-飛行機あれこれ

Copyright© やってごらん , 2020 All Rights Reserved.