旅行あれこれ

京都日帰り旅行① ~西本願寺~

更新日:

初めての京都日帰り旅行。

京都1日モデルコースはこれ☟

・西本願寺

・伏見稲荷大社 ②へ

・京都 和久傳 ③へ

・清水寺 ④へ

・祇園 辻利 ⑤へ

・京都の風景、祇園白川、八坂神社 ⑥へ

 

今回、大阪を拠点として7月の猛暑の中、10日間の旅を体験。

大阪駅から京都駅までJR京都線新快速でたったの30分で到着!

詳細時間等はここから調べてみて~

YAHOO!路線情報 大阪⇒京都

こんなに近いなんて知らなかった~

京都駅って立派な駅!!!

まずは京都タワーからこんにちは!

この日の最高気温、38度。。笑うしかない、、、、、。

まずは、西本願寺

暑いので移動はタクシーで。10分もしないで到着。

歩けば20分弱。。ただ本当に暑いので、、。

涼しい時期なら散歩もよし。

堂々とした門構えでお出迎え~

屋根の下の飾り細工が素敵♪

モノトーン好き♪

ほとんど観光客もいなくて、1番最初のお寺拝観としては最高!

それもそのはず、このお寺は浄土真宗本願寺派の本山。観光地ではなく、信仰を行う場所と考えられているから、拝観料は無料!世界遺産でもある西本願寺、太っ腹~

青い空に荘厳な佇まいの御影堂。

靴を脱いで、参拝者出入口からお邪魔します。

何の断りもなく誰でも入れる。

どこを見てもため息の出る素敵な作り。

床もピカピカ。さすが国宝!

御影堂の中へ。

中の広さに対して、出入り口の門は小さめ。

このお部屋は何畳!?

金きら過ぎず、なんだか好感が持てる。

渡り廊下を行くと、

この扉を開けると何かが出てきそう♪

阿弥陀堂(本堂)へ。

お坊さんたちがお掃除をしております。

丁寧に拭いております。

お掃除の傍らで、お経を唱え始めるお坊さん。

ここの見どころの1つ。

縁側や廊下には、動物、植物、モノをかたどった木によって、節穴、亀裂が埋め込まれている!参拝者を少しでも癒せるようにと、大工さんの粋な気遣いらしい。

宝暦10年(1760)再建されているこの阿弥陀堂、作るのでさえ、機械があるはずもないこの時代に、大工さんの余裕にただただ感嘆!

西本願寺HP内の見どころでチェックしてみて!

西本願寺のお庭に鎮座。何を意味するのだろう!?

西本願寺への交通アクセス

〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下る
Tel(075)371-5181(代)  Fax(075)351-1372

・JR・近鉄 京都駅より
 京都駅 市バス『京都駅前』より9番,28番,75番(西賀茂車庫行など)に乗車、『西本願寺前』で下車。

・阪急電車利用の場合
 河原町駅 市バス『四条河原町』より207番に乗車、『島原口』で下車。
 大宮駅 市バス『四条大宮』より18番,71番,206番,207番に乗車、『島原口』で下車。
京阪電車・七条駅より
 七条駅 市バス『七条京阪前』より206番、208番に乗車、『七条堀川』で下車。

・タクシー利用の場合
 行き先は「西本願寺」とご指示ください。
 JR京都駅からは数分、阪急大宮駅、京阪七条駅からは約10分です。

 

 

②へつづく

-旅行あれこれ

Copyright© やってごらん , 2020 All Rights Reserved.